認定ファシリテーターのご紹介



海老名アサーティブネスの会 田中 裕子(たなか ひろこ)
プロフィール

神奈川県在住

1953年 神奈川県生まれ。大学卒業後、出版社勤務。
      その後、子育てのかたわら、塾講師、地域高齢者支援事業で働く。

1999年から CAP凸凹神奈川 会員。

2005年より 海老名アサーティブネスの会主宰。


今の私

アサーティブネスの講座では
「気持ちを表現したりノーを言うのは、小さいことからはじめてみましょう」と提案している。

社会的なことに大上段から意見を言うのは勇気がいるので、
小さいことから表現する癖をつけよう、普段からそうしていないと感覚が鈍くなり、
「いいのか嫌なのか」わからなくなるからというわけだ。

自分のことをふり返ってみても、
「なんか気持ちがザワザワしているのはどうしてだろう」と思う時は、
相手の納得いかない言動を「些細なこと」と認めてしまった場合が多い。

後から文句を言っても何のことか意味が伝わらず誤解されることもあるので、
つくづくタイミングが大事と思う。

「私は違うよ」と言える関係は、案外長くつきあいが続く。

身近な人にはそれができた。
夫は「おかげで広範囲の円形脱毛症」と言っている。


海老名アサーティブネスの会 これまで実施した講座

2005年
「アサーティブネストレーニング 基礎クラス」全3回        海老名アサーティブネスの会 
「アサーティブネストレーニング 応用クラス」全3回         海老名アサーティブネスの会 
「ゆっくりすすむ基礎クラス(共同講師/堤暢子)」          エンパワーYOUネットワーク

●2006年
「はだの女性カレッジ 自分も相手も大切にするコミュニケーション」 秦野市市民活動推進室
「アサーティブネストレーニング 基礎クラス」全5回            海老名アサーティブネス
「共民間労組研修 さわやかなコミュニケーションのすすめ」

2007年
「アサーティブネストレーニング フォローアップクラス 」       エンパワーYOUネットワーク
「アサーティブネストレーニング 基礎クラス」土日集中       海老名アサーティブネスの会
「アサーティブネストレーニング 応用クラス」土日集中       海老名アサーティブネスの会
「海老名アサーティブネスの会 お茶の会」              海老名アサーティブネスの会
「養護教諭と保健委員のための夏期研修会」             神奈川県立学校養護部会/生徒保健委員会
「神奈川県立学校生徒保健活動研究発表会 指導及び講評」

●2008年●
「アサーティブネストレーニング フォローアップクラス」土日集中  海老名アサーティブネスの会

●2009年●
「アサーティブネスお茶の会」                       海老名アサーティブネスの会
「親プログラム−コミュニケーション編−」全4回            板橋区 子ども家庭支援センター
「思春期子育てひろば−私の気持ちの伝え方−」全2回       八王子市生涯学習センター 家庭教育学級

●2010年●
「親プログラム−コミュニケーション編−」全4回             板橋区 子ども家庭支援センター
「お寺カフェ お母さんのアサーティブネストレーニング」       海老名市 常在寺

●2011年●
「お母さんのためのピアサポート」                    海老名市 常在寺 
「聴こう話そう」                               海老名市 常在寺婦人部

●2012年●
「気持ちを表現してみよう」                        海老名市 常在寺

●2014年●
海老名市立杉久保小学校 家庭教育学級
有鹿幼稚園 家庭教育学級


海老名アサーティブネスの会 連絡先 

         Tel&fax 046−233−9016   E-mail piroko1105@jcom.home.ne.jp

        ブログ “四季こもごも” http://piroko0109.cocolog-nifty.com/blog/

  CAP凸凹のホームページアドレス   http://www.geocities.jp/capdekoboko




     New&Goodsアサーティブネスの会 鈴木 正子(すずき まさこ)

プロフィール 

神奈川県在住

幼稚園教諭
電話相談員
子育て支援相談員
障碍者支援スタッフ
アサーティブネストレーニング・ファシリテーター


これまで、たくさんの人と関わる仕事をしてきましたが
一人でいることも大好きで、趣味は図書館に居ること、お部屋の片付け、
お月様をながめる月光浴。



 ちょっとひと言

アサーティブネストレーニングのプログラムに、
新しい体験(New)や良かったこと(Goods)を話す
「New&Goods」というワークがあります。

最近どんな良いことがあったか・・なんて
急に言われても、なかなか気が付きませんがしばらく考えて見つけます。

ああそうだ!と、ちょっと特別な体験を話したり、
時には、ありふれた小さなことが新鮮に思えて話すこともあります。
今日は久しぶりに一人でやってみました。

最近のわたしのNew&Goodは・・
テレビのニュースを観なくなったこと。
食事は食べられる分だけ食べて、
後はもったいなくても残すことにした。
ブルーのコップでお水を飲むとおいしいの。
良い包丁を買ったこと。
人の名前がすぐに思い出せなくなったこと。
・・・うん、いいことだ、新鮮だ!こんな感じです。

この頃、大切にしたいことが少しずつ変わってきたのを感じます。
ネガティブにもポジティブにも
偏りすぎないでいたいと思っています。
アサーティブネスの12の権利に
「わたしはわたしのままでいい」という権利があるのですが
それをしばらく眺めていたら、流れに任せて変化していく自分を楽しんで・・
というメッセージが心に浮かんできました。

そうそう、こうやって、
自分と対話する時間は、いいものですね。
今度はクラスに参加したみなさんと一緒にやってみたいと思います。


 New&Goodsアサーティブネスの会 これまで実施した講座


●2005年●
「自分も相手も大切にするコミュニケーション」          町田市民企画団体 私は私のままでいい
(「アサーティブネストレーニング土日集中基礎講座」     エンパワーYOU ネットワーク)

● 2006年 ●
「お母さんのための応援講座」年間24回             板橋区 子ども家庭支援センター
(「アサーティブネストレーニング基礎クラス」全5回      生活クラブ生協・フォーラムアソシエ)
「アサーティブネストレーニング」@A               町田市民企画団体 私は私のままでいい

● 2007年 ●
「アサーティブネストレーニング」B                町田市民団体 私は私のままでいい
「アサーティブネストレーニング基礎クラス」全5回       生活クラブ生協・フォーラムアソシエ
「お母さんのための応援講座」年間24回             板橋区 子ども家庭支援センター
「アサーティブネストレーニング」全3回              町田市民企画団体 私は私のままでいい

● 2008年 ●
「お母さんのための応援講座」年間24回             板橋区 子ども家庭支援センター
「リーダー職員一泊研修」                      企業組合ワーカーズ・コレクティブキャリー
「アサーティブネストレーニング基礎クラス」全5回       生活クラブ生協・フォーラムアソシエ

● 2009年 ●
「お母さんのための応援講座」年間24回             板橋区 子ども家庭支援センター

● 2010年 ●
「お母さんのための応援講座」年間24回             板橋区 子ども家庭支援センター


● 2011年 ●
「子育てママの、わたしの時間」                  すみだ女性センター

● 2012年 ●
「子育てママのわたしの時間」全3回               すみだ女性センター
「はじめてのアサーティブネストレーニング
          ぶれない子育てをみつける」全3回       町田市 公民館自主学級

● 2013年 ●
「働く女性、応援セミナー」全3回

〜コミュニケーションスタイルを知り自分も仕事も一歩前進〜 すみだ女性センター

楽に生きる気づきのヒント塾
「表現しよう!私らしさ」〜人間関係、一歩前進〜      台東区男女平等推進プラザ「はばたき21」

● 2014年 ●
幼児をもつファミリー学級 
<ストレスをあたたかさに>〜子育て期、あなたができること〜
     「気持ちを楽に話しはじめてみよう」              座間市東地区文化センター

女性の再就職チャレンジ講座
「チャレンジしたい私を見つめ、
     一歩踏み出せるコミュニケーションを学ぶ」         座間市東地区文化センター


 連絡先 New&Goods アサーティブネスの会 鈴木 正子

         
E-mail
 majyo716@wmail.plala.or.jp



 Be-Happy!アサーティブネスの会 堤 暢子(つつみ のぶこ)
プロフィール

1960年9月9日生まれ  東京都在住

大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社にて秘書室、幼児誌編集部、コミック誌編集部に勤務。
第3子の出産前に退職。
出産後、企業内に新設された育児相談室スタッフとして育児支援に携わる。
2005年より『Be−Happy! アサーティブネスの会』を主宰。
CAPスペシャリストとして子どもへの暴力防止活動、デートDV防止活動もしている。
産業カウンセラー。
好きなこと…フラダンス 散歩  好きな食べ物…ぎょうざ

アサーティブネスとの出会い

わたしが、アサーティブネスに出会ったのは、公民館の保育付き講座。
出版社を退職し、3人の子どもたちとの日々を過ごしていた時です。
退職は、自分で選んだことではあったけれど、“結婚しても出産しても働き続ける”という自分の理想を
手放したことへの挫折感や、日々の孤独感、閉塞感も感じていた頃でした。

子どもと過ごしながらも、何かがしたい。共通の思いを持つ仲間と出会い、わくわくしながら、サークル
活動をはじめながらも、どこか自分に自信が持てず、育児も人間関係もうまくやれている感じがして
いない毎日…だったのです。
アサーティブネスとの出会いが、わたしにプレゼントしてくれたのは、自分の気持ちを認めること。

「ちょっと後悔する瞬間がある、くやしい」とか「育児、ときどきつらい」とか、「この役割、しんどいな」
とか
そんなこと思ってはいけないと思っていた気持ちをそんな気持ちがあってもいい、ここでなら
言葉にしてもいい、と知らせてくれたこと。

「つらいんだ」「いやなんだ…」と自分の声を、自分の耳できいた時、ふーっと楽になって、そこから自分
の願いが見えてきた感じがしました。

そして、その願いを、言ってもいいよ、練習できるよ、と誘ってくれたこと。
講座の仲間に応援されながら、家族に頼んだり、友人に断ったりする練習をしたときの力強い感じは、
今もわたしのこころのちからになっています。
現実では、練習どおりに言えることばかりではなく、言えないこと、うまくいかないことも多くあるけれど
言ってもいいし言わなくてもいい、それも自分で選んでいい、というところがわたしがアサーティブネスの
好きなこところです。

Be−Happy!アサーティブネスの会 これまで実施した講座

● 2005年 ●
「アサーティブネストレーニングご紹介講座」               成増市市民団体 お母さんの勉強会
「ゆっくりすすむ基礎クラス」(共同講師/田中裕子)                エンパワーYOUネットワーク

● 2006年 ●
「市民講座 家庭教育学級 アサーティブネス講座」全6回                 小平市仲町公民館
「アサーティブネストレーニング 応用クラス」土日集中               エンパワーYOUネットワーク
「アサーティブネストレーニング基礎クラス」 全5回             生活クラブ生協・フォーラムアソシエ

● 2007年 ●
「アサーティブネストレーニング わたしメッセージをつくろう」              町田市民団体 私を生きる
「Be−Happy! アサーティブネス土日集中基礎クラス」           Be-Happy ! アサーティブネスの会
「あくろすカレッジ 私と子どもと世の中と」 全2回             調布市男女共同参画センターあくろす
「Be−Happy! アサーティブネス体験講座」 全2回             Be-Happy ! アサーティブネスの会
「アサーティブネストレーニング 基礎講座」 全2日                           CAPくれよん 
「Be−Happy! アサーティブネス土日集中基礎クラス」           Be-Happy ! アサーティブネスの会
「夫婦のコミュニケション スキルアップ講座」 全6回         NPO法人 マザー・サポート・ネットワーク
「ココロに効くサプリ
現役ママが思わず笑顔になるココロのトレーニング講座」第3回  社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩

● 2008年 ●
「八王子女と男のいきいきフォーラム アサーティブネスってなあに?」     八王子市男女共同参画センター
「エッコロ講座 アサーティブネスご紹介講座」                     生活クラブ生協・綱島デポー
「子育てママの私の気持ちを伝えるトレーニング」 全5回             八王子市男女共同参画センター
「アサーティブネス・トレーニング応用クラス」全5回           NPO法人 マザー・サポート・ネットワーク
「ハッピー・コミュニケーション 体験講座」(共同講師 鈴木正子)    生活クラブ生協 フォーラム・アソシエ
「アサーティブネス・トレーニング 応用講座」 全4回          フォーラム・アソシエ参加者 有志グループ

● 2009年 ●
「自己表現トレーニング
〜身近な人や他者との関係をよりよくするために」 全3回                     葛飾区 生涯学習課
「子育てがラクになる女性学講座」 全3回                  北区 男女共同参画センター スペースゆう
「私の気持ちの伝え方〜家庭・学校・地域社会で」 全2回       八王子市 生涯学習センター 家庭教育学級
「ふたたび アサーティブネスへようこそ」                   多摩市 A.A(アフター・アサーティブ)会
「子育て支援者のためのアサーティブネストレーニング講座」      NPO法人 マザー・サポート・ネットワーク
「うまく気持ちを伝えるには〜自己表現トレーニング講座」 全4回      葛飾区 生涯学習グループ ハーモニー

● 2010年 ●
「今がもっと楽しくなるココロのトレーニング」           逗子市男女共同参画センター かながわ女性会議
「もっとハッピー・コミュニケーションセミナー」 全2回          台東区 社会教育センター 株式会社 山武
「子育てがラクになる女性学講座」 全3回                  北区 男女共同参画センター スペースゆう
「子育てママの私の気持ちを伝えるトレーニング」 全5回               八王子市 男女共同参画センター

● 2011年 ●
アサーティブネス応用講座 全3回                        八王子市 グループ「ハートスマイル」
お母さんのための応援講座「怒りのコントロール」(思春期) 全4回        板橋区 子ども家庭支援センター
お母さんのための応援講座「わたしにごほうび」 全4回               板橋区 子ども家庭支援センター
お母さんのための応援講座「わたしの気持ちを伝えよう 」 全4回         板橋区 子ども家庭支援センター
お母さんのための応援講座「怒りのコントロール」(幼児) 全4回         板橋区 子ども家庭支援センター
「自分も相手も大切にするコミュニケーション」 全2回        八王子市 生涯学習センター 家庭教育学級

● 2012年 ●
子育てがラクになる女性学講座 全2回                        港区 男女平等参画センターリーブラ
お母さんのための応援講座「わたしごほうび」 全3回               板橋区 子ども家庭支援センター
思春期本人グループ 年間10回                            多摩総合精神保健福祉センター
女性学に学ぶ子育てママの「私」を元気にする講座                 八王子市 男女共同参画センター
自分も相手も大切にするコミュニケーション 全3回                  西東京市男女平等推進センター
お母さんのための応援講座「怒りのコントロール」 全3回             板橋区 子ども家庭支援センター
お母さんのための応援講座「わたしメッセージで話そう」 全3回          板橋区 子ども家庭支援センター

● 2013年 ●
「気持ちを上手に伝えて親子の絆を深めよう」                        八王子市 生涯学習センター
お母さんのための応援講座「困った時のわたしメッセージ」3回             板橋区 子ども家庭支援センター
お母さんのための応援講座「自分も相手も大切にする怒りのコントロール法」3回   板橋区 子ども家庭支援センター
「子育てママの私の気持ちを伝えるトレーニング」                      八王子市男女共同参画センター
お母さんのための応援講座「これからのわたしの夢」3回                 板橋区 子ども家庭支援センター
思春期・青年期本人グループ 年間10回                           多摩総合精神保健福祉センター
思春期・青年期家族教室 年間2回                              多摩総合精神保健福祉センター

● 2014年 ●
親プログラム コミュニケーション編                           板橋区 子ども家庭支援センター
「本当の自分の気持ちを見つけてみませんか?」                   女と男のいきいきフォーラムはちおうじ
アサーティブネス基礎復習講座                             八王子市自主グループ にこにこママ
子育てがラクになる女性学講座2014                         港区 男女平等参画センターリーブラ
思春期・青年期本人グループ 年間10回                        多摩総合精神保健福祉センター
思春期・青年期家族教室 年間2回                          多摩総合精神保健福祉センター

● 2015年 ●
若者のためのコミュニケーション術                          八王子市男女共同参画センター
子育てママの「私のキモチを伝えるトレーニング」                 八王子市男女共同参画センター
親プログラム〜コミュニケーション編〜                        板橋区子ども家庭支援センター
女性カレッジ2015「ホントの私の輝かせ方」                    さいたま市男女共同参画推進センター
「組織の中で言いたいことをキチンと伝える 
   女性のための“さわやかな自己表現”アサーティブネス講座」       港区立男女平等参画センター
女性講座 子育てMYスタイル                            西東京市芝久保公民館
思春期・青年期家族教室 年4回                           多摩総合精神保健福祉センター
思春期・青年期本人グループ 年11回                       多摩総合精神保健福祉センター


 連絡先 Be-Happy ! アサーティブネスの会 堤 暢子

           E-mail nobu-tsutsumi@sirius.ocn.ne.jp





 く う  山口 かほり (やまぐち かおり)
 プロフィール

1962年 東京都生まれ 神奈川県在住

高校卒業後、店主、事務職、ウエートレス、CAP活動会員(子どもへの暴力防止活動)を経て

現在は電話相談員として勤務。

2010年12月よりエンパワーYOUネットワークのコアスタッフとして活動中



 アサーティブネスとの出会い

アサーティブネスとの出会いはCAPの研修の中の一つとしてでした。

この頃、私の中にあった自分への不信感がムクムクと姿を現して、話さなければいけない事と
自分が苦しんでいる事の間でしんどくなっていました。

研修の中で「人と人はこんなに違う。」ということを感じ、それでも、違う人間同士が伸びやかに
生きていく事の方法、可能性を探るアサーテイブネスの時間は、私にとっては他の人とのコミュ
ニケーションを行うためだけのものではなく、自分と会話をする大切な時間になりました。

アサーティブネスの時間の中で語られた「上手くいかなかった時、その時こそ自分が自分の味
方になる」というのは、私の踏ん張るエネルギーになっています。